テスラの360度センサー

テスラは2016年10月を境に全モデルのハードウェアを更新して、同時にオートパイロット機能のための運転支援ソフトウェアを完全に入れ替えました。その時点で納車していない車体を含め、すべて新しいハードウェアに切り替えられています。

日本国内では、モデルXの納車が始まったのは2017年1月からですから、すべて新しいハードウェアです。これは広くいろいろな記事などで、ハードウェアはHW1とHW2、オートパイロット機能を含めたソフトウェアはAP1とAP2と呼ばれています。

詳しい違いはWikipediaなどに書かれていますが、主な違いはHW1ではカメラが1台だったのに対して、HW2ではカメラが360度をカバーする8台になり、これらを同時に画像処理するためにNVIDIA Drive PX2という高性能機械学習プラットフォームのためのコンピューティングパワーが与えられています。

これは主としてオートパイロットという運転支援機能のための装備で、HW2になってから1年、少しずつ機能向上や精度向上が図られているにもかかわらず、いまだに機能・性能的にはAP2はAP1に追いついてすらいないという課題を抱えています。

今日はオートパイロットではなく、もう少し地味で、HW1とHW2でほぼ共通した仕様である超音波センサーについて、です。厳密には性能差があるそうですが、センサー自体はどちらも自動車の全周にわたって12個配置されており、360度、車体の近くにある物体を検知することができます。

テスラの計器パネルは変形カラー液晶ディスプレイで、標準的には以下のような画面を表示します。実際に表示されている内容はシーンごとに異なり、また、自車の画像はちゃんと実際のモデルや色にあわせて表示されるのですが、これはマニュアルからとったものです。

計器パネル
計器パネル

そして、下の写真はバックしているときの計器パネルを撮影したものです。こんな感じで周囲にある障害物の形状と距離をリアルタイムに表示してくれるので、明確な目安になります。前進しているときでも、速度が遅く障害物に近づいているときは前方向に同様の表示が出ます。

バック中の計器パネル

ギリギリまで寄せたいとか、距離が数字でわかるというのは気が利いていますね。

ただ、実際の障害物は3次元なのに対して、2次元で表示しているので、あまり信じすぎて大丈夫なのかは、よくわかりません。もしかしたら、まだ距離があると思っていたら、段差で下の部分だけをこすってしまうかもしれないので、過信は禁物かな~とは思います。

ナビが使えない!

テスラのセンターコンソールを見た人は一様に驚きの声を上げます。17インチのモニターが縦型に据え付けられているのは、とてもインパクトがあります。

この画面、リアカメラや音楽再生、カレンダーなどの機能に切り替えることができ、2分割で半々に表示したりもできるのですが、なんと言ってもやはりメインのアプリケーションはナビです。良い意味でも悪い意味でも普通のクルマとは大いに違うのです。

テスラのナビは基本的にGoogle Mapのカスタム版になっています。Google Mapで見慣れた画面にテスラのロゴが重ねて表示されています。現在のモデルXには標準でLTEの通信モジュールが搭載されており、地図には常にGoogle Mapの最新データが表示されており、ほとんどの操作は巨大なiPadを操作するように、タッチやスワイプ、ピンチで直感的に使うことができます。

ナビの目的地設定は、通常はハンドルについている音声認識ボタンを押して音声で指示をします。最近のグーグル検索と同じように、目的地は正確に表現する必要がなく、少しくらい間違ったことを言っても、たいてい正しい目的地(または目的地候補リスト)を示してくれます。また、電話番号や住所を音声で言っても、目的地設定できます。手書き入力などの機能もありますが、冗談かと思うほど使いにくいので、ほぼ音声だけです。

写真でもわかる通り、渋滞情報はGoogle Mapと同じINRIX社の情報が使われています。利用者のスマートフォンなどの位置情報を集計して作る渋滞情報の精度はとても高い。国産カーナビが使っているVICSとは比較にならないほど情報量が多く、時間応答が良く、非常に正確です。もはや、莫大な設備投資をして情報を作っているのに幹線道路しか情報がなく、更新が遅く、しかもわざわざ自動車側にも複数のビーコンを装備する必要があるVICSなどやめて、もっと他のことに投資してもらいたいと思うのですが…。

地図としての基本機能は国産カーナビと比較にならないほど優れ、画面も大きく操作性も良く、ほとんど音声で処理できるのは、まさに未来のクルマという印象なのですが、一転してカーナビとしての機能は実は微妙です。

何より困るのは、山間部に行くとナビが使えない。海外製と思われるLTEモジュールはドコモ回線を利用していますが、おそらくFOMAプラスエリアなどの周波数に対応していないので、山間部で通信不能になります。あらかじめわかっていれば、その地域の地図をダウンロードしておいたり、目的地をセットしておくこともできるのですが、通信不能の地域に入ってしまうと、とにかく何もできません。いきなりナビがまったくない状態になってしまう。昔はそれが普通だった気がしますが、今の時代にナビなしは、ちょっと心細いことになります。

また、ナビとしての機能は、とにかく距離を最適化する傾向があり、(これはBMW i3のナビも同様なんですが)とても通れない道を選ぶことがしばしばあります。到達時刻は渋滞情報が加味されず、都心では現実より相当早く、山間部では現実より遅く計算されます。国産カーナビのように、難しい立体交差や首都高ランプを拡大表示したり、音声できめ細かく案内するような機能はありません。地図はGoogle Mapなのに、ナビ機能はGoogleのものではなく、カーナビとしては、スマートフォンのナビアプリや、Google Mapのナビ機能を使った方が、はるかに良いようです。実際、スマートフォンを併用するようになりました。

メイン画面のGoogle Mapでは、実際に案内中にどこを曲がるのか、わかりにくいのですが、インパネの左3分の1には拡大した現在地が表示されます。これは非常にわかりやすい。(写真はスーパーチャージャーで充電中のものなので、真ん中が速度計ではなく、充電情報になっています)

通信モジュールは将来的にハードウェア交換などができるといいな、と思います。ナビの方は、きっとソフトウェアアップデートで改善されることを期待しつつ…。