2020年:国内で買える手頃なサイズ感の電気自動車の比較

手頃なサイズ感は人によって大きく違うと思いますが、今はそんなに選択肢があるわけでもないので、コンパクトカーから大型セダンくらいまでの幅で、比較対象になる500万円前後のクラスをピックアップしてみました。

軽自動車サイズのi-MiEVや、大型EVのE-PACEなどを除いた中間サイズをターゲットにしています。我が家の場合、もしi3を買い換えるなら…という状況をイメージしています。(現実に買い換える必要も予定もないのですが)

メーカーニッサンテスラBMWフォルクスワーゲン
車種リーフモデル3i3e-Golf
グレードe+ GSR+Premium
国内価格¥ 4,686,000¥ 5,110,000¥ 5,540,000¥ 5,448,000
米国価格$ 39,750$ 39,490$ 44,450$ 38,895
ドイツ価格44,700 € 44,390 € 39,000 € 31,900 €
標準タイヤ215/50R17235/45R18155/70R19205/55R16
電池容量62kWh54kWh42kWh36kWh
全長4,480mm4,690mm4,020mm4,265mm
全幅1,790mm 1,850mm1,775mm1,800mm
全高1,565mm 1,440mm1,550mm1,480mm
車両重量1,680kg1,645kg1,320kg1,590kg
0-100km/h加速6.6 sec5.6 sec7.3 sec9.6 sec
最高出力160kW180kW125kW100kW
航続距離(WLTC)458km360km
航続距離(JC08)570km301km
航続距離(WLTP)385km409km310km223km
航続距離(EPA)364km402km246km198km

価格やサイズ感的には、リーフの大容量電池搭載車と、テスラモデル3のスタンダードレンジプラスは、ほぼ真正面からぶつかります。米国とドイツではほぼ同価格ですが、日本では少しテスラの方が高いようです。

しかし、この2車の比較をするとすれば、リーフはないかな、と思います。ネックはモデル3の大きさだけでしょうか。良いタイヤをはいて、航続距離が長く、車重は同じくらい。テスラは専用充電器も使えるし、電池には温度管理システムがあり、数年後の電池劣化には大きな違いがあるようです。でもサービスはニッサンのディーラーの方が良いかな。

e-Golfもこのゾーンに入ってくるかな、と思ったのですが、電池容量が少なく、国内価格も相当に割高なので、今のところはあまり(少なくとも日本では)売る気はないような印象です。

やはりこの比較ではi3は唯一無二で、コンパクトさ、電費の良さ、車重の軽さは他になく、まだまだi3を大切に乗りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です