Model X 60Dを買った理由

電気自動車1本で新しい価値を提供しようというテスラには、当初から注目していましたが、ロードスターの時代は、あくまでスーパーカーで自分が買うクルマとは全然想像していませんでした。

しかし、2012年にModel Xが発表されたときに、これは本当に乗りたい電気自動車だと思うように。しかしあまりに大きなサイズに、ミドルサイズセダンのModel 3や、ミドルクラスSUVのModel Yを待つのが良いのではないかと考えていたのですが、、、

日本国内でも2012年から予約が開始されていましたが、2015年3月に、突然「予約しておくだけならいいだろう!」と思い立ち、予約金50万円を支払って予約しました。国内での予約番号は89番だったようです。

予約から1年半ほど経過した2016年8月、すでに米国での納車開始から1年近く経っていたのですが、ようやく実車のショールーム展示の案内がきました。9月にショールームに行き、その後Webで注文確定という流れです。

ここで問題になるのは、どのグレードを選択するか。当時のラインアップは60D, 75D, 90D, P90Dの4種類。テスラの場合、グレードによって選べるオプションが変わることはないので、グレードの選択は純粋にバッテリー容量とモーターの出力で選ぶことになります。現在はラインアップが変わっていますが、当時の情報とあわせて表にすると以下のようになります。

モデル 出力(kW) 0-100km 車両価格(当時) 車両価格(現在)
60D 245 6.2 8,950,000
75D 245 6.2 9,990,000 10,780,000
90D 311 5.0 11,510,000 12,100,000
P90D 568 3.1 13,810,000
100D 311 5.0 12,840,000
P100D 568 3.1 16,112,000 18,450,000

バッテリー容量が大きい方が良いのは間違いないですが、60Dは実際は75Dと同じバッテリーを搭載し、ソフトウェアで60kWに制限をかけたものです。バッテリーのサイズは航続距離の違いになるだけでなく、実際は充電速度や劣化にも影響するわけですが、60Dは充電速度や劣化は75Dのスペックそのままで、航続距離だけが80%に制限されているモデルです。もともとバッテリーの性能維持のためには、100%充電しないで80%程度にとどめておくことが推奨されていることを考えると、75Dを買うなら、60Dが良い選択になりそうです。

一方、性能を求めるならルーディクラス・モードがついた「P」モデルが目を引きます。0-100km加速が3.1秒というSUVを超越した数字は魅力的です。買うなら60DかP100Dのどちらかじゃないか、と絞り込みました。当時の価格でP90DとP100Dに相当な価格差があるように見えますが、これは標準装備の違いも大きいので、オートパイロットをはじめとするオプション装備をつける前提で考えると、価格差はそれほど大きくないのです。

しかし、仮に3-4年乗ったとして、ルーディクラス・モードを何回使うかと思うと、2倍近い価格差はかなりためらわれます。あまり知られていませんが、3.1秒の加速を実現するためには、単にルーディクラス・モードにすれば良いわけではなく、バッテリー出力最大化を設定して、バッテリーが温まるまで待つ必要があります。もちろんバッテリーの負担も大きいため、耐久性にも影響があります。日常的に使う(必要もないですが)ものではないのです。

実際にModel Xに乗って大きすぎると感じたら、いずれModel Yにしようと考えるとなおさらPは無駄な投資と思えます。(当時の)P100Dと60Dの実質的な価格差は500万円くらいなのですが、むしろその差額でコンパクトカーを買った方が良いのではないかとも思います。ということで、もっともお買い得と思われる60Dにして、バッテリーが足りないと思ったら、ソフトウェアアップグレードで75Dにするという選択が良いという結論に至りました。

ちなみに60D→75Dのアップグレードは、いつでもMy TeslaのページからWebでクレジットカード決済できます。当初109万円だったアップグレード費用は現在では50万円に下がっています。あらためて60Dはお買い得なモデルだったなぁ、と思っています。

ガソリン車やディーゼル車との比較はどうでしょうか。フルサイズSUVを中心に比較表を作ってみました。

メーカー 車種 グレード 車両本体価格(税込) 米国価格(米ドル) 0-100km加速 JC08燃費 タイヤ
ポルシェ カイエン 8,940,000 60,600 7.7 9.3 255/55R18
S 11,840,000 77,400 5.5 9.5 255/55R18
アウディ Q7 3.0 TFSI 9,290,000 55,500 6.0 11.7 255/55R19
メルセデス GLE 350 d 4MATIC 8,680,000 52,000 7.1 12.9 255/55R18
GLS 550 4MATIC Sports 15,000,000 93,850 5.6 8.2 295/40R21
レクサス RX 450h AWD 7,285,000 53,035 7.7 18.2 235/55R20
LX 570 11,000,000 89,880 6.5 6.5 285/50R20
ランドローバー RANGE ROVER SPORT SE 8,950,000 67,650 7.6 6.9 235/65R19
テスラ Model X 60D 8,950,000 74,000 6.2 275/45R20

これを見ると明らかだと思うのですが、テスラは米国価格に対して、日本の価格がとても安いのです。これはテスラが公正価格方針をとっていて、世界中で同じ車種は同等の価格で買える状況を志しているためです。米国価格を基準にModel X 60Dのライバルを探すと、ポルシェのカイエンSが価格も性能も近いようですが、タイヤサイズやボディーサイズをみると、Model Xの方が全長+20cm、全幅+13cmで、タイヤサイズも標準20インチ、乗車定員も7名までいけるので、車格的には上と言って良いように思います。

カイエンSよりも300万円安く、クリーンエネルギー自動車補助金が60万円受けられ、重量税が免税、自動車税は軽自動車並み。スーパーチャージャーでの充電は永年無料で、オートパイロットなどのソフトウェアは2000万円級の上級車種とまったく一緒です。さらに、テスラ・ジャパンでは4年後に販売価格の約50%の買取保証があります。実質的な保有コストを考えると、Model X 60Dはこの上なくお買い得なのです。

ところで、現在ではすでに60Dはなく、代わりに(Pではない)100Dが新たなラインナップに加わっています。為替レートの変動もあり、価格も10%ほど高くなりました。現在の構成ならどの車種を選ぶか?これは100Dですね。75Dから見れば、33%バッテリー容量が増加し、NEDC基準の航続距離が150km増えます。0-100km加速は5.0秒で、ルーディクラス・モードはないけど、SUVとしての加速力はもはや(500万円くらい高い)カイエンターボくらいしかライバルはいません。

CHAdeMOの急速充電

EVユーザーなら当たり前のことかもしれませんが、急速充電のやり方を書いてみます。

CHAdeMOは主に日本の自動車メーカーが主体となって策定した世界標準の電気自動車充電方式。世界中で同じ自動車と充電器が使えるというコンセプトで、国内ではデファクトスタンダードです。しかし、世界を見渡すと他の標準もあるのでデファクトスタンダードにはなっていないようです。

見た目も大きく電流電圧も大きいわけですが、スマートフォンのUSB充電と大きく違うわけではありません。充電器と自動車を接続すると、相互に通信して最適な電流電圧で充電するという流れになります。完全に無料の充電器もありますが、通常は費用がかかる話なので、認証や決済が必要になります。

テスラの場合はテスラチャージングカードが6か月間無料、BMWの場合はChargeNowカードが12か月間無料で使え、それぞれ無料期間は従量制料金も無料なので、充電し放題です。無料期間が終わると、テスラの場合は月額3,250円(税別)、BMWは月額5,000円(税別)となり、急速充電は1分15円(税別)の従量制料金もかかります。

充電の手順は以下のようになります。

  1. 充電器の画面を操作して充電できることを確認する
  2. コネクターを自動車に挿す
  3. 充電カードをかざして認証する
  4. 充電開始する
  5. 充電が終わると登録メールアドレスに通知が来る(コネクターを抜いて途中でやめることもできる)
  6. コネクターを外し、充電器の画面で終了を確認する

充電器によっては、2と3の順番が逆の場合もあるようですが、基本的には充電器についている画面の指示に従えば良いので、難しくはありません。

充電カードがない場合、ゲストカード(充電器と一緒に置かれている場合が多い)を使って、クレジットカードとスマートフォンがあれば即時決済で充電できる場合も多いようです。NCSの場合、1分あたり50円(税別)です。125Aの充電器だとギリギリありかも、という気はしますが、50Aの充電器もある中で、1分50円はかなり高い。1kWhあたり60-200円くらいの計算なので、Model Xでは1km走行費用が15-50円くらいに相当します。

そもそもNCSの認証は車両と充電カードが紐づけられているので、本当に充電カードは必要なのか、という疑問があります。充電した電力も完全に把握しているのに、異なる能力の充電器に対して一律1分15円という値付けも疑問です。ここをもっとフェアなしくみにして行かないと、性能の高い充電器が普及しないし、EVライフの質は上がらないですね。

テスラModel Xを機械洗車

Model Xは全長が5.05m、全幅が1.99m(いずれも車検証記載数値、カタログでは全長5037mm、全幅2070mm)という巨大サイズのSUVです。機械洗車はとうてい無理だと思って、最初から眼中になかったのですが・・・。

セルフ洗車機でこんな大型車対応のものを見つけました。

車幅制限2.27mと書いてあります。こ、これは・・・。よく見ると、全長が5mを超えるもの、タイヤの両端が1.9mを超えるものは対象外というようなことも書いてあるのですが、誤差でしょう?という気もしますw。これはとりあえず入れてみようということで、トライしてみました。

確かに左右のガイドレールが、Model Xのタイヤでギリギリ。まったく余裕はありませんが、逆にギリギリ収まっているように見えます。よし、これは思い切ってやってみよう!と、緊急停止ボタンの近くで構えながら、洗車してみました。

結果、、、何の問題もなくキレイに洗車できました!これはいい。これからも積極的に使わせてもらいます。

BMW i3納車

オーダーしてから半年ほど待ったBMW i3が納車になりました。33kWhの新バッテリー搭載車です。i3はレンジエクステンダーを装備できるのが人気のようですが、今回納車されたのは純粋なEV仕様のi3で、レンジエクステンダーはつけていません。

レンジエクステンダーはBMWのバイク用エンジンを発電用に搭載し、9リッターのガソリンタンクを搭載することで、およそ100kmほどガソリンで航続距離を延ばすことができる一方で、130kg(乾燥重量の10%強)ほど車重が’重くなります。万が一充電が不足しても、ガソリンスタンドで補えることは、EVの不安を解消してくれますが、CFRPのボディーで軽量が売りのi3にレンジエクステンダーはもったいない。

以前から計画していたことですが、たまたま納車時期が近く、わずか1か月の間に電気自動車2台の生活になりました。これでもうクルマを買い替えない限りは、2台ともガソリンスタンドに行くことはなくなります。テスラは本当にサイズが大きいので、日常的な子供の送り迎え(主に妻)などは、これからはi3が活躍することになります。

電気自動車の経済性

Model Xの走行距離が1300kmほどになりました。ここまで累計の電費は231Wh/kmです。
オール電化の深夜電力で充電すると、12.25円/kW(税込)なので、1km走行のコストはおよそ3円弱になります。
ハイブリッドのガソリン車が実燃費でリッター20kmくらい走るとしても、1kmあたり6円くらいになるわけで、2.5トンもあるクルマをパワフルに走らせることができるModel Xがその半額で走れるというのは、おそろしく割安です。

家庭での充電ではなく、急速充電ではどうでしょうか?NCSの急速充電が15円/分(税別)、イオン(WAON課金)では300円/30分(1分あたり10円)です。CHAdeMO急速充電器の出力は40-125Aまであり、1分あたり充電できる電力量は電池の劣化状態や充電ステージによって違うのですが、Model X 60Dの場合、容量の20-80%ほどの範囲ならば14-40kWくらいの電力で充電できます。kWhあたりに直すと、14-40kWhあたりで600-900円ということになるので、15-64円/kWhの計算で、1kmあたりに直すと3.5-15円くらい。同クラスのガソリン車より幅はありますが、中央値で考えると大差なく、ガソリン車より安い方法は選びやすそうです。無料の充電スポットもあるので、工夫次第でもっと安く乗ることはできるかもしれません。

しかし、もちろんコトはそんなに単純ではありません。電気自動車は意外に固定費がかかります。

Model Xの場合、まったく乗らなくても1日あたり2-3kWhくらいは放電します。ざっくり1日30円は維持費。
さらに現実問題として、急速充電のNCSに加入しないと遠出が難しいし、使い方が制限されます。楽しく乗るにはこれも必要コストと考えると、テスラチャージングカードが月額3,250円(税別)です。

月間4,000円程度の固定費は、私のような週末ドライバーの場合、年間1万キロ走行としてkmあたり5円くらいになるため、直接的な走行あたり電気代とあわせて8円/kmです。走行距離が年間1万キロより少なかったり、急速充電ばかりで充電していると、もっと割高になり、走行距離が多ければさらに割安になります。

ガソリン価格120円で計算すると、リッター15km走るガソリン車と同等。ガソリン車はオイル交換などもある一方で、Model Xの場合、重量税が免税、自動車税は軽自動車並みなので、税金は年間3-4万円くらい安い。

全体的には週末ドライバーでもガソリン車よりおおむね安上がりで、しかもその差は走るほど大きくなるので、電気自動車は経済性も良いと言えそうです。

Model Xのサイズ

予約を入れるまでに、一番悩んだのがModel Xのサイズ。数字を見ると、とにかく大きい。公式の資料では、全長5,037mm、全幅2,070mmだという、思わず「えっ?」と2度見してしまうサイズ感。カイエンと比べても、長さが20cmほど長く、幅も10cm以上長い。およそ家庭向けの自動車で見たことがない。

何と比べれば良いのか?と思って、比較してみるのがマイクロバスのトヨタコースター。標準ボディーの25人乗り、さすがに長さは6,255mmあるけど、幅は2,080mmということは、ほぼModel Xと同じ。マイクロバスレベルかー・・・

あれこれ逡巡しながらも、やはりどうしても乗りたい・・・
実用性のあるコンパクトカーを一緒に買うことにして、思い切って買ってしまえ!予約だけなら、いざ最終的に発注の段階でやめることもできるし・・・ということで予約しました。

2016年9月はじめて国内でModel Xの実車を青山ショールームで見たのですが、デザインの効果もあって実物はそんなに大きく見えない。それよりも実車を観たら、より欲しい気持ちが高まり、それまでどちらかと言えばネガティブだった家族も盛り上がり、結局オーダーしてしまったわけです。

でも車検証やオーナーズマニュアルに書かれている全幅は1,990mmです。それでも大きいけど、ずいぶん印象が違います。

意外なことに、実際これまで大きさで困ったことはありません。さすがに住宅街の裏道は通らないし、タワー駐車場に入れようと思わないのは確かですが、それなりに狭い道に入ってしまっても出られなかったということはないし、コインパーキングに停められないということもありません。なんだ、意外にいけるじゃないか、と楽しいテスラ生活を過ごしています。

充電スポットで普通充電

EVの普通充電スポットは、だいたい下のような看板で表示されています。NCSは60分制限が多いようですが、イオンモールなどの普通充電スポットでは3時間まで、ホテルなどの宿泊者向けなどでは無制限のところもあります。

充電スポットを探すのは、スマートフォンアプリが便利です。EVsmartや、GoGoEVが人気のようです。私のお勧めは、アプリ機能が充実している上にiPad版もあるEVsmartです。利用者もEVsmartの方が多いようで、口コミが多い印象です。

昼食や買い物のついでに充電できると、充電計画に余裕ができます。普通充電器はおよそ3kWで充電するので、テスラModel Xなら充電1時間あたり12kmくらいは走れそうです。ちょっと遠いイオンモールに足を延ばして、映画やショッピングを楽しんで3時間充電して帰ってくると、往復走っても充電が少し増えた!というイメージでしょうか。

充電でお得という感覚もそうですが、長時間の普通充電器は良い場所に優先的にクルマを停められるメリットも大きい気がします。今のところは駐車場が混雑していても、EV充電スポットは空いていることの方が多い印象なのがうれしいですね。

EVの充電

当たり前のことですが、電気自動車は充電しないと走れません。それもガソリン車のように空になったら入れるのではなく、電池が適切なレベルを保ち続けるようにメンテナンスする感覚が必要です。クルマを使わなくても電池は少しずつ放電してしまうし、極端に放電した状態が続くと劣化してしまいます。

テスラの場合、クルマ側はテスラの独自コネクターがひとつついているだけです。必要に応じてアダプターを使うことになります。

充電場所 充電方式 必要なオプション
自宅 普通のコンセント モバイルコネクター
充電コネクター(交流) SAE J1772変換ソケット
テスラウォールコネクター (そのまま)
充電スポット 普通充電器(交流) SAE J1772変換ソケット
急速充電器(直流) CHAdeMO充電対応アダプター
テスラスーパーチャージャー (そのまま)

モバイルコネクターは68,157円のオプションです。普通の家庭用コンセント(100Vか単相200V)を使って充電したい場合には必要ですが、他の方法のみを利用する場合には不要です。200Vでおよそ3kW、100Vで1kW程度の充電になるため、電池が空に近い状態で充電をすると、かなりの時間がかかります。

SAE J1772は現在国内で販売されているEVやPHEVの(おそらく)全車種についているコネクターで、充電効率は単相200Vで充電するのと同様ですが、コンセントよりも扱いやすく安全性にも優れています。テスラの場合は小さな変換ソケットが必要ですが、これはクルマ購入時に付属してきます。

ウォールコネクターはテスラ専用ですが、変換ソケットが必要なく使い勝手が良いです。他社のEVを買う予定がないなら、これが便利ですね。すでに単相200Vのコンセントなどがあれば、数万円程度で設置工事できます。

外部の充電スポットの普通充電器は、家庭のSAE J1772と一緒ですが、一般的には充電するためにカード認証システムなどがついています。

CHAdeMO方式の急速充電器とスーパーチャージャーは直流で高速な充電ができる方式です。国内で販売しているEVやPHEVも多くはCHAdeMO方式に対応していますが、SAE J1772とは別のコネクターがついています。リーフやプリウスPHVなどは2つのコネクターが並んでいますが、BMW i3はSAE J1772はフロント、CHAdeMOはリア右側と、別々の場所についています。テスラは同じコネクターを使います。

充電スポットにはいろいろありますが、大多数を占めるのはNCSという会員制の充電ネットワーク。月額固定費を支払った上に、充電するごとに従量制の料金がかかります。普通充電専用、急速充電専用、両対応のカードがあり、EVの場合多くのメーカーはNCS対応の充電カードを優遇して提供しています。テスラの場合は、両対応のカードを6か月間無料で使えますが、その後は月額3,250円プラス従量料金が必要になります。

NCSに加入しなくてもスポットで充電する方法はあります。イオンは大規模ショッピングモールに充電器の設置を進めているようですが、普通充電器はWAONをかざすだけで無料で使えるものが多く、急速充電器もWAON決済で1回300円程度で利用できます。タイムズやリパークの駐車場では、駐車料金だけで普通充電できる設備があるところがあります。地方自治体などが設置する充電器は、誰でも無料で使えるものもあるようです。でもNCSに入らずに遠出をするのは、相当頭を使った充電計画が必要になりそうで、NCSがあればどこでも充電できる安心感があります。

テスラ Model X納車

2017年3月ついにModel X納車の日を迎えました。

予約を入れたのが2015年3月なので、ちょうど2年あまり。日本での受注開始のタイミングで正式注文したのが9月。オーダーしたModel X 60Dの製品寿命は驚くほど短く、2週間ほどでモデル一覧から消えました。

納車されたModel X 60Dは、納車の時点ですでにディスコン商品ですが、現在販売されているベースモデル(75D)より200万円近く安いお買い得モデルです。モデル選択については、いずれ詳細に書きたいと思います。